歯を失った方への治療LOST TEETH

歯を失ったまま放置しないでください。

歯を失ったまま放置しておくと、見た目の問題だけではなく、健康的な問題につながる恐れがあります。例えば、すき間が空いた部分に少しずつ隣の歯が倒れてきますので、時間が経つと隣の歯も抜けてしまう可能性があります。またそのように歯が倒れだすと、全体の噛み合わせバランスが崩れ、アゴが痛くなったり歯ぐきが悪くなってしまう恐れがあります。このような連鎖を起こさないために、歯を失ってしまったら早急に治療することが大切です。

治療の選択肢

失った歯を補う治療には基本的に、ブリッジ・入れ歯・インプラントの三種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、どれが必ず良いというものではありません。患者様の希望を考慮した上で、お口の状態に適した治療を検討し相談しながら治療方針を決めていきます。

ブリッジBRIDGE

スタンダードな治療法。

失った歯の前後の歯を削り、橋をかけるように3個連続にした人工歯を被せる方法です。昔から健康保険が適用されており、最もスタンダードな治療方法といえます。失敗も少なく、短期間で確実に治療が終わります。

MERIT
  • しっかりと固定するので、入れ歯のように外してのケアが不要
  • 違和感が少ない
  • 短期間で治療が可能
  • 健康保険適用
DEMERIT
  • 隣の歯を削る必要がある
  • 被せた部分が歯磨きしにくく、歯周病になりやすい
  • 噛む力を隣の歯が負担するため、歯が弱くなりやすい
  • 天然歯と比べると、少しだけ見た目に違和感がある

将来的に歯を多く残すためにはベストとは言えませんが、昔からずっと採用されている治療法なので確実性が高く、短期間で治療が終わるため、インプラントを希望せず短期間の治療を希望される方におすすめの治療法です。

抜けている範囲が広い場合などに。

通常、歯が抜けたときはブリッジかインプラントが選択肢となりますが、抜けている範囲が広い場合、ブリッジでは噛む力に耐えきれず破折してしまいます。このような場合には部分入れ歯が必要となることがあります。

MERIT
  • 様々な症例に対応しやすい
  • 歯を削る量が少しで済む
  • 取り外せるので掃除がしやすい
  • 健康保険適用
DEMERIT
  • 異物感が強い
  • 強く噛みすぎるとグラつく、破折するため強く噛めない
  • 毎日外して掃除する必要がある
  • 針金部分が見えると目立ってしまう
  • 人前では外しにくい

入れ歯を嫌がる方も多いため、最初からおすすめすることはありませんが、ブリッジでは対応できず、インプラントも希望されない場合には有効な選択肢の一つです。歯が抜けた部分を放置すると他の歯が倒れてしまうので、予防のためにも入れ歯をおすすめします。金属タイプの入れ歯(自費治療)であれば異物感はかなり軽減されます。また針金部分が目立たないタイプ(自費治療)もあります。

入れ歯DENTURE

インプラントINPLANT

将来的に歯を多く残しやすく、違和感も少ない。

歯を失った部分のアゴ骨に、チタン製等の人工歯根を埋め込み、その上にセラミック製等の人工歯を被せる方法です。以前は治療リスクを心配する声もありましたが、今では技術開発が進み安全性・成功率ともに改善されました。安心して選択できる治療法の一つと言えるでしょう。

MERIT
  • 違和感が少ない
  • 他の治療法と比べ、作り直しが長期間必要ないケースが多い
  • 周囲の歯を削る必要がない
  • 隣の歯にかかる負担が少なく、将来的に歯が残りやすい
  • 審美性が高く、見た目も天然歯とほとんど変わらない
DEMERIT
  • 自費治療
  • 手術が必要なので、他の治療法と比べるとリスクがある
  • 手術後の治癒などを待つ必要があり、治療期間が長い
  • 周りの骨が減ってしまうと抜けてしまうことがある

インプラントは以前は危険性や失敗なども心配される特殊な治療でしたが、今では成功率も飛躍的に改善し、かなり一般的な治療になってきました。歯を失ったときの選択としては現在最もおすすめできる治療法です。一番歯に優しい治療を受けたい、手術をしても大丈夫、という患者様には最適と言えます。