被せ物・詰め物CROWN / INLAY

様々な種類の中から、患者様に適したものを。

被せ物・詰め物には、様々な種類があります。料金が高いから一番良いものとは限りません。例えば、噛む力が強かったり歯ぎしりする方には、破折しないような強度の被せ物が適している場合もあります。患者様の希望を考慮した上で、お口の中の状態、被せ物・詰め物との相性も踏まえてご説明いたします。その上でご自身で選択していただくことができます。

被せ物CROWN

メタルセラミッククラウンMETAL CERAMIC CROWN

金属の枠組みの上にセラミックを焼き付けた被せ物です。金属が入っているため強度があります。前歯にも奥歯にも使用されます。

ジルコニアセラミッククラウンZIRCONIA CERAMIC CROWN

ジルコニアという人工ダイヤモンドにも使用される素材を枠組みにして、セラミックを焼き付けた被せ物です。ジルコニアは白いので、透明感が出て美しく、特に前歯に適しています。

フルジルコニアクラウンFULL ZIRCONIA CROWN

ジルコニアだけで作られた被せ物です。ジルコニアは強度がありますが、周りの歯と色調を合わせることが難しいので奥歯に使用されます。

ゴールドクラウンGOLD CROWN

ゴールドは柔らかい金属なので、歯との隙間ができにくく、周りから虫歯になりにくいです。理想的な材料ですが見た目を考えて奥歯に使用されます。

詰め物INLAY

ゴールドインレーGOLD INLAY

ゴールドを用いた詰め物です。ゴールドは腐食せず、清潔な状態を保つことができます。また丈夫で割れにくいことも特徴です。

セラミックインレーCERAMIC INLAY

セラミックは、焼きものに使われている素材です。色艶が長持ちするので、歯垢がつきにくく、変色しにくいという特徴があります。ただし、過度な力が加わると割れることがあります。

ハイブリッドセラミックインレーHYBRID CERAMIC INLAY

ハイブリッドセラミックは、セラミックとプラスチックを混ぜた材料で作られたつめものです。比較的安価ですが、プラスチックに吸水性があるため、経年的に変色がみられ、セラミックに比較し耐久性が劣ります。