虫歯・歯周病の治療CARIES / PERIO

当院の虫歯治療CARIES TREATMENT

すぐに削らない。検査と説明の徹底。

当院では、説明もなく歯を削る、抜くといったことはしません。まずは現状を確認するため問診・視診・レントゲンなどの精密検査を行います。その上で考えられる治療方針をご説明します。治療法が複数考えられる場合には、それぞれのメリット・デメリット・費用・期間などをご説明し、患者様に選択していただくようにしております。

できるだけ痛みを少なく。

当院ではできるだけ虫歯治療の不快さを取り除くための努力をしております。特に治療時の痛みをできるだけ減らせるように取り組んでいます。虫歯治療で痛みが出るのはそのほとんどが麻酔をする時です。先に塗り薬で表面麻酔を行ってから、極細の針で麻酔を行うため、麻酔の痛みが軽減されます。また、麻酔液が冷たいと違和感が出るので、人肌の温度にしておくなど細心の注意を払います。中には麻酔針が入ったことに気づかない方もいるほどです。

可能な限り、歯や神経を残す。

患者様の自然治癒力での回復を優先し、できる限り歯や神経などの組織を除去しないよう心がけています。残念ながら細菌に感染してしまった組織は、周りの組織の感染源となるため除去するしかありませんが、どうしても除去しなければいけない場合以外は、極力残せるよう力を尽くします。ただし、歯や神経を残していくためには治療期間が長くなってしまう場合があります。 短期間の治療も選択できますので、お気軽に担当医までご相談ください。

当院の歯周病治療PERIO TREATMENT

徹底した検査と、わかりやすい説明を。

歯周病は虫歯と異なり、かなり重症になるまで痛みが出ないため、気づかずに進行することがほとんどです。歯周病治療には早期治療が有効ですが、モチベーションが保てず通院が面倒になると治療が中断してしまいます。当院では、徹底して歯ぐきの炎症や骨の異常などを検査し、正確な治療計画を立てるとともに、その検査結果や写真・レントゲンなどを患者様にご覧いただき、わかりやすく説明することでモチベーション維持をとても大切にしています。

いつも同じ歯科衛生士が担当。

当院では歯科衛生士の担当制を導入しています。いつも同じスタッフが担当させていただくことで患者様の特徴をしっかりと理解し、その方に合わせた歯磨き指導や生活習慣のアドバイスを行うことができます。また患者様も気心が知れてくると相談がしやすいのではと思います。なお、当院の衛生士は皆同じクオリティで治療を提供できるよう、定期的に研修を行っておりますが、もし担当衛生士が合わないと感じられる場合は遠慮なく受付にてご相談ください。担当変更も可能です。

歯周病専門医と連携。

歯周病治療は専門性が高く、歯周病の進行度や体質によっては通常通り治療を行っても改善しないことがありますが、そのような場合でもご安心ください。当院は歯周病専門医ライセンスを持つ複数の歯科医師と提携しております。連携しながら当院で治療を行うことや、ご希望の場合にはご紹介することも可能です。